2014/02/06 19:29

第三回「マタンゴの紹介」

第三回目は妖精さんの紹介を、と考えていましたが。
書いていくうちにネタバレが多くなりすぎて自重しました。

こちら開発の隙を縫うように書いておりますが、
ありのまま、うっかり文章を組み立てるとネタバレしまくりでした。
ちょっと内容を整理して、別の機会に記事掲載させてください。

今回は予定を変更してモンスターのご紹介です。

モンスター紹介一回目はマタンゴ。
可愛らしいデザインで、開発内部でも愛されております。

enemy06_move_BC

しかし、見た目に油断してはいけません。序盤の難敵です。
睡眠攻撃を仕掛けてきますので、一気に倒されるリスクがあります。
彼らは仲間を増やすこと以外何も考えていません。

モキュモキュと喋りますが、妖精さんにも理解出来ないキノコ語です。
彼らの目には、ドランもただの元気な苗床にしか見えません。

しっとりとゼリー状のものがくっついています。
ヒアルロン酸たっぷり。保湿効果、美容効果が高い。
ドラファンの世界の女性の方々には保湿液として好まれているそうな。

美容液作りにキノコ狩りに来た冒険者は、返り討ちです。
きっとキノコの苗床にされてしまっている事でしょう。
この設定だと、マタンゴ美容液は非常に高価で取引されているかも知れません。
深夜の妄想は止まりません・・・

キノコは粉っぽい。
これがあまり好きではなかったので、
新しいキノコの形としてデザイナーとあれこれ相談して生まれました。

亜種で液体が酸性で防御力下げてくる毒マタンゴ、とかも面白そう。

ローグ系のゲームはモンスターの特殊能力が恐ろしいものです。
マタンゴに下手に手を出してしまうと眠らせられてしまいます。

どんなに武器を鍛えても。どんなに防具を鍛えても。レベルが上っても。
眠りからの一方的な攻撃で、どんな熟練者も不覚を取ります。
とにかく発見次第倒せば良いゲームじゃない!という事を感じさせる難敵。
睡眠の発動率を調整していますが、やはり厳し目に振ろうかなと考えています。
かわいい見た目にご用心!苗床にされますよ!

dran_sleep

こらドラン!寝るんじゃない!


» 日誌一覧へ戻る