2014/02/21 21:32

第十回「ファミ通App Android掲載」

プロデューサーの松田です。

まずご報告です。
昨日(20日)発売の「ファミ通App Android」にドラゴンファングが掲載されました!

book_A001

パズドラ2周年記念号にタイミング良く掲載して頂いております。
配信延期からドラファンに関しては「どうなってるのか?」と、
皆様にはご心配もかけているかも知れない状況ですが。

このように水面下で色々な動きや、取り組みは進められています。

book_A002

目次では、ドラゴンネッキーとドラン君が共演してたりしてテンション上がりました。
私もパスドラの愛好家として、色々な意味で嬉しい(ランクは238です)。

是非、皆さんファミ通Appをご購入ください。
パズドラで使える「ドラゴンネッキー」が付いてきますのでお得です!
ドラゴンファングの記事も載ってますw

ゲームを生み出す仕事をしていて、こういう瞬間に報われる感じがします。
開発者全員が、何度も記事を見て笑顔になります。
逆に、それ以外には深く潜り人知れず開発を続けるわけで。
地味ですw

今回の開発日誌は、とても感慨深いです。
book_A003

ゲーム制作も、一人では出来ません。
一人で作れるゲームもありますが、それは私たちの目指しているゲームではありません。
トイディアは「このメンバーなら作れる!」という最小単位で勝負をしています。
これは私の長いゲームクリエイター人生の中でも、最高のメンバーで勝負をしています。

ゲームの中身を商業価値的に磨く事も当然ではありますが。
キャラの絵1枚1枚に、気持ちを乗せて。
自分たちが納得行くものを作って。
積み上げて。
限られた時間との勝負の中で、結果を皆様にお届けできたらと思います。

皆様のご意見も。
メディア様のご支援も。
同業のクリエイター様のご支援も。
全てに感謝しています。

ゲーム作りって、本当に素晴らしい。

開発延期から、本気で立て直しをかけてきました。
ようやく光明が少しだけ見えた状況です。
皆さんにお伝えできる成果は、長い仕込みの末のほんの一部。
お待たせしてしまっているなと、スタッフでいつも話しています。

これからリリースまで、色々な施策を仕込んでいます。
公開できるまでは黙っている忍耐が求められますが。

楽しんで頂ける施策、情報公開を今後は仕掛けていきます。
社内に許してもらえる範囲で、開発日誌では赤裸々に情報を出していこうと思っています。
(最近は、いつ弊社の副社長から待ったがかかるか分からない状況です)

是非、ドラゴンファングにご期待ください。

ドランが居眠り

こらドラン!寝るんじゃない!


» 日誌一覧へ戻る